« 山田和也氏へのメールです | トップページ | しんちゃん、いっぱいいっぱいの、その先へ・・・ »

2006年8月10日 (木)

しんちゃん爆走

オシムジャパンが勝ったので、
調子コイて、日本代表のユニフォームを着て、
さらに、タオルマフラーまで首に掛けて、
稽古場に行った。
大体、今日は、何の取材もないから、
どんなアホな格好をして行こうと、
誰に何を言われる筋合いもない。
昨日、オシムジャパンの初めての試合があったなんて、
知るよしもない演出・山田にもな。

またも灼熱地獄のアスファルトジャングルを、
蒸発死にしそうになりながら、歩いて、
通り道にある、ファミマで、
ポカリスエットを買って、
一気飲みするのが唯一の救いの時だ。

汗だくです。
アホかもしれないなあと思いながら、
首に掛けてきちゃったタオルマフラーが大活躍だし。

もうすぐ、ファミマ・・・
ポカリ・・・
一気・・・
・・・えーと、こういうの・・・
なんか、形容詞で、
なんて、言ったっけ・・・
あれ?慣用句?・・・
あのお・・・ほら・・・砂漠の・・・水が見えるとこ・・・
蜃気楼か・・・
大都会の蜃気楼の・・・
いや、違うな・・・
それが言いたかったんじゃなくて・・・
ほら、砂漠で乾いて死にそうな時に、水があってさ・・・
しんきろうじゃなくて、
あのお・・・わーどの前に・・・わたしががつかってた・・・わーぷろの・・・

・・・おあすし?
そんなきがする・・・とかいのおあすし。
そうだ・・・とかいのおあすしの・・・ふぁみまの・・・ぽか・・・いっき・・・

えーっ!?

うぞ!!

渡しに取っ手、唯一の巣くいの、都会のオアスシだったふぁみまが・・・

・・・・今日から、改装工事閉店してるんですけど。

・・・・・・・・(脳腐敗溶解蒸発)

閉店工事中で、工事のオジサンたちが、
冷房の効いた作業場と化したファミマで、元気に働いてるのを、
開かない自動ドアの外から、
5分くらい見物しちゃいましたよ。
閉店て閉店て何だよ。閉店て、どっちかってば店が閉まってる方か?ポカリくれ。

ワールドカップのオーストラリア戦の時の、
日本代表DFの気持ちがよく判る。
オーストラリアのゴールが入ちゃった途端に、
悔しがるよりも、
がっくりするよりも、
呆然とするよりも先に、
まず水飲みに行った宮本と中澤を見て、
「こいつら、ヘコんでないから、まだ日本は大丈夫!」だと思ったが、
結果は駄目でした。
ヘコんでようが、ゴール決められようが、
喉がほんとに渇いた時には、水以外のことは考えられない。

ようやく稽古場について、まず駆けつけ三杯水を飲む。
今日は、三杯でも生き返らない。
五杯飲んだ。
汗滝。
タオルマフラーがまた役に立つ。

演出・山田がすでに来てて、
ミザンセーヌ(とかいう演出が決めることの一項目)が、
今回は無限にあるからとかいう私には意味の判らない理由で、
演出席がない山田が、
装置の端に座って、iPod聞いてます。

「おはようございます」
と挨拶したんですが、
いきなり、山田が目をそらすんですけど。

え?なんか私悪いことしましたっけ。
あれえ?昨日、オシムジャパン戦見るために、
稽古、サボったのバレてる?
日本代表のユニフォーム着てきたのはマズかったかもしれない。

いや、選曲に忙しいだけかなあ。
選曲してる山田の肩をわざわざたたいたりとかして、
挨拶してもらわなくても、別にいい。
選曲してろ。

その時、私は、席なし立たされいけすかない山田くんが、
腹の中で、何思ってるか、ちーとも知らなかったんですよ。
大体、常に腹の中にあること、絶対口に出さないんですよ。
その理由を、山田は、
「言質をとられないように」
と言うが、
言質って何だ?
人質みたいなものか?
言葉を人質に取られるわけか?
何を脅し取られるというのだ、山田。
過去に何があったのだ、山田。
どうでもいいが。

昨日は、そのまんま、山田は私と一言も話さなかったです。
いや、もう打ち合わせすることはないから、
大概、毎日、話さないんですけどね。
でも、目も合わさないんですよ、山田。
シカトですよ。私のこと。

さて、「プライベート・ライヴズ」立ち稽古、何日目だっけ、
今日は、一幕の最後の方の徹底稽古と、
びっくりしたことに一幕通し稽古でした。
もう一幕通しかよ。
やった! 私は観てるだけですが、役者さんは大変だぁ。

久世さんとしんちゃんには、
大変な稽古です。
出会って、びっくりして、喧嘩して、
唐突に恋に落ちたと思ったら、
また喧嘩して、大騒ぎした末に走り去るという。
怒涛のシーンの徹底稽古&通し。

始まる前から、しんちゃん、死んだ顔になってるし。
死なないで下さい。

いざ稽古になってみたら、
しんちゃんが、
なんだかもう、
すごいことになってます。
今日のしんちゃん、爆走状態です。
久世さんと二人で、喧嘩するシーンは、
暑いせいもあるかもしれないけど、
顔真っ赤です。
顔真っ赤なしんちゃんて、私は初めて見ました。

で、真っ赤なしんちゃんが引っ込んで、床にへたり込んでるところに、
西様が、絶妙にすっとぼけた
ありえるのかそのオトボケトーンで、
しんちゃんとは、打って変わって、ゆるーいテンポで登場します。

律儀なしんちゃんは、西様の登場をヘタりながらもちゃんと見ていて、
頭は脳死してるのに、なんかもう反射神経だけで笑ってます。
しかも、そのヘタレ状態で笑ったら、腹筋痛いらしくて、
お腹押さえて、稽古場の床に倒れ伏してしまって、力なく転がって、
笑うと言うよりは、もはや痙攣してます。
休め、しんちゃん、舞台に出てない時には。

で、またあっと言う間にしんちゃんの出番になって、
今度は、大喧嘩だ。
久世さんに「考えてよ!」
と怒鳴られて、
「何も考えてない!!」
と言う場面で、
しんちゃん、台詞が飛びました。
静止してます。
頭、真っ白らしい。
足踏ん張って、両の拳を握り締めて、
どこからか台詞をしぼり出そうとしてます。
赤い顔がさらに赤くなって、
汗は出るけど、台詞は出ません。

どこかで似た姿を見たことがある・・・

あ・・・

クロアチア戦で、神のように、
真正面からの強烈なシュートを、
がっちりキャッチした川口だ。
あれだよ、あれ!
川口はそのあと、
ほかの選手たちに「さっさとあがれ!」と指令を出しますが、
しんちゃんは、キャッチした状態のまま、静止。
台詞出るまで、完全静止です。
瞳孔開いてるし、動いてるのはしんちゃんの顔を伝う汗だけ。

演出助手の麻衣ちゃんが、
台詞をプロンプするけど、
脳まで届かないらしい。

そのあと、久世さんにキスして走り去るというシーンは、
昨日も、書きましたけど、
冒頭の衣ちゃんのシーンでは、
肩に触れるのにも遠慮してる紳士のしんちゃんが、
もう、襲い掛かるように久世さんを、
ものすごく手荒に抱き寄せてキスして手を引っ張って疾走退場。
もう全然紳士じゃない。
ていうか、乱暴者。

遠慮とかそういうものは、すっ飛んで、
とにかく今やることをやらなければ!
ブラジル戦短いロスタイムの日本代表状態です。

私は大爆笑です。

演出・山田は、
そのしんちゃんの演技を、
「ヤケクソしんちゃん」と評しました。
しんちゃんは、
褒められてるのかけなされてるのか判らなくて、
微妙に不安顔です。

役者さんに対しては、
物凄く気を使う山田が、
「いや、褒めてるんです。ここはそういうシーンでそういうキャラクターなんだから」
と、単なるフォローだか、
本当の見解だか判らないことを言ってます。

ようやく休憩になって、
大滝汗で、顔面紅潮状態なのに、
台本を食い入るように見て、
台詞確認中のしんちゃんに、
私が、
「しんちゃん、喧嘩の冒頭から、久世さんに負けてたね、
負けるの早いじゃん」
と言ったら、
「勝てるわけないっすよ!!!!」
と吐き捨てた。
吐き捨てるなんて、葛山信吾的にはありえないことです。
紳士も普段の人格もふっ飛んだしんちゃんでした。

稽古が終わるとしんちゃんは、
今日の自分のすべての演技と行動と言動に、
ものすごく後悔反省しながら、とぼとぼと帰っていきました。

でもね、
ここだけの話、
人格吹っ飛んだ「ヤケクソしんちゃん」て、
ものすごーく、セクシーなんですよ、奥さん!
ここだけの話ですよ。

ほんとまじすげえセクシー。

・・・・・☆・・・・★・・・・☆彡・・・・★・・・・・☆・・・・★・・・・☆彡・・・・★・・・・・☆

稽古が終わって、家に帰って、
山田のブログ読んでびっくりしました。
なんか、山田、全然トーンが違います。
しかも、
「いかがなものであろうか、飯島早苗さん」
とか言ってるし。
山田ってほんといけすかねえ!
なんだか知らないがムカついたなら、その場で口で言え。
「どうしてやろう」と思ったんですが、
私の「ミザンセーヌについての見解」は、

知ったこっちゃねえ!!

です。

だって、演出家じゃないしさ、
ミザンセーヌって言葉だって、
最初「びさんせーぬ?ふらんしーぬ?」と、
聞き取れてなかった私だ。
そんな難しいこと言われても、

知ったこっちゃねえ!!!

です。

知ったこっちゃねえ!!!
と書いてもよかったのですが、
それも悔しいので、頑張って難しい言葉を書き連ねたメールを書きました。
でも、私の言いたいことは、

ミザンセーヌなんか、知ったこっちゃねえ!!!

です。

山田のブログを読んだ方が、心配してメールくださいました。
一等賞でメールくださった「スパ@」さん
昼休み中ですか?メールくださったのは。
「好き」と告白してくれて本当にありがとう。
女性であっても、勿論ありがとう。
最近は、三歳の甥からも
「オバちゃん嫌い」と言われ、誰からも好きと言われてないので、
好きと言われて感動しました。
あと、昨日もメールくださったのに、
合計三通心遣いのメールくださった昨日に続いて、
ありがとう「北脇」さん!
その他、私が何も知らない間に心配してくださった皆様、
メールありがとうございます。
今日、稽古場行きますが、またシカトかなあ、山田。
まあいいや、山田とはもう一言も口きかなくても、芝居はできます。

あと、西様がPARCO劇場公式ブログで、
稽古場レポートを開始するそうです。
これから見にいってきます。

|

« 山田和也氏へのメールです | トップページ | しんちゃん、いっぱいいっぱいの、その先へ・・・ »