« あきらかに、言い訳 | トップページ | いいのか? トニー・アルメイダ!! »

2006年10月 5日 (木)

もはや、踏み潰されたり蹴り落とされたり君

打ち合わせのために、事務所に行った。
遅刻した。

事務所に入った途端に、
制作・須藤に、
挨拶抜きで、いきなり、

「ガーナ戦については何も言わないで下さい!」

と命令された。

須藤は「奇跡の人」の初日を観に行っていて、
ガーナ戦は、録画してたようだが、
まだ見てないどころか、
結果も知らずに、
今日の午後まで過ごしてきたらしい。

他人様や売店のスポーツ新聞の見出しや、
ニュースのスポーツコーナーや、
電車の中や、通りすがりの人の、
「昨日のガーナ戦さあ・・・」
とか言うお喋りもすべて遮断して、
見ざる聞かざるで、
午後3時過ぎまで、昨日と今日を生きてきたのだ。

あ、打ち合わせの途中で、
メールしてやればよかった。
件名「0-1でイビチャの負け」
本文なし。

件名なら、どうしたって、見るだろう。

でもって、

「何も言ってないも~ん♪」

って、言ってやればよかった。

が、打ち合わせ中に、
その意地悪は思いつかなかった。
私って、案外、根はいい奴かもしれない。
頭回らなかっただけか。

残念だ。
この意地悪も、もう遅い。
あ、まだ、録画、見てないかな。
メールしようかな。

前半、見終わったあたりで、届くとちょうどいいか。

が、
それは、人として、決してやってはいけないことだ。
私が、須藤の立場で、
そんな非人道的なメールを受け取ったとしたら、
速攻、殺しに行く。

これは、犯してはならない罪だ・・・
判ってるけど、メール打ちたい・・・

Fifa よし、
FAIR PLAYワッペンを見て、
心を落ち着けよう。

フェアプレイだ・・・
汚いことをやってはいけない・・・

ふぅ・・・落ち着いた・・・

このワッペンと、
シェイクスピア君フィギュア(このページ参照)が、
飯島の良心である。

イビチャは負けたけど、私は面白かったです。
スピードあったし。
ガーナがだけど。
でも、試合自体、テンポ良かった感じで、
点が入らなくても、負けてても、
イラついたりしなかったし。

しかし、あのガーナの、誰だ?
ハミヌ? ドラマニでしたっけ?
すげえ、素早いシュート。
まさに黒豹の如し。
入ってしばらくしても、
「あれ、今の何?」とか思ってました。

でも、イビチャ・ジャパンも、
私は、悪くないと思いました。
何の根拠もないけど。
見た感じだけ。

けど、なにしろ、
一番、面白かったのは、

我那覇のドアップ。

リアル巨人の星の登場人物を、初めて見た。
なんか、顔に、すごい陰影が入ってて、
目の中に炎が燃えてるみたいだった。
我那覇選手は、必死だったと思うけど、
あのアップは、ちょっと笑った。

いきなり、あのアップが入ってきたのは、
スイッチングしてた人も、
「すげえ面白い顔だ」と思ったからじゃないかな。
だって、あのアップだけ、
なんか色調も角度も違ってたし。
何の脈絡もないし。
面白かったから、見せたとしか思えないんですけど。
私だけか、そう思ったのは。

まあいいや。

えーっと・・・何だっけ。

あ、打ち合わせに事務所に行ったのに、
いきなり、
「ガーナのガの字も口にしてはならん」
と厳命された話でした。

今日の打ち合わせも、また、
「脚本がないので、代わりに飯島本人が行く」
打ち合わせでした。

劇場もどうやら確保できちゃったみたいだ。

・・・・・・・・・

ほんとにやるんだぁ、公演・・・

何度も言わなくてもいいし、
言いたくないけど、
脚本、まだこの世に存在してないんですけどね。

だから、キャスティングもお話にならない。

「で、どんなキャラクターなんですか? この登場人物は!」
「えーっとね・・・なんかナイーブっぽい若者」
「曖昧すぎます!
絶対無理だと思うけど、でいいから、
誰か、イメージキャストいないんですか?」
「えーとね・・・ハンカチ王子みたいな人じゃない人」
「それじゃ、全人類から、ハンカチ王子が除外されただけです!
しかも、ハンカチ王子は野球はしても、芝居はしないし!」

まるで、駄目じゃん、私・・・

それはいいとして、です。

またも災難に見舞われました。

泥棒が入ったおかげで、
サッシの鍵に、
暗証番号つきのセキュリティ・キーがついたんですけどね。
すでに遅刻が決定してる時間に、
打ち合わせに出かけようとして、
鍵掛けたらですよ。

そのセキュリティ・キーが、
いきなり、

ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・

て、
時限爆弾のカウントダウンみたいな音出しやがるんですよ。
解除して、
やり直しても、

ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・

仕方ないから、セキュリティの意味ないけど、
解除したままで、
出かけようとしたんですけど、
解除しても、

ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・

が、止まらないんですよ。

どーゆーつもりだ!?

もう、どうしようもないので、
そのまま出かけました。
しかも、山手線が遅れてて、
さらに遅刻ですよ。

帰ってきても、

ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・

って言い続けてるし。

どうしたら止まる?

このまま一生止まらないのか?

寝られるのか!?

もう、かなりイライラしてます。
自分で、かなづちで、ぶち壊してしまいそうです。
そしたら、泥棒侵入かと思って、
警報音鳴るのか?
警報音を止める方法は知らない。

「ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・ピッ・・・」

の中で寝るか、

「どんな大きい音か知らないけど、警報音」

の中で寝るか、

二つに一つです。

ていうか、
警報音鳴ったら、
ご近所さんに警察呼ばれるじゃないか!

壊すのは待て。

・・・・・・・・・・・・・

セキュリティ・キーは時限爆弾音だし。
MDは閉じ込められたっぱなしだし。
デジカメは、死んだし。
DVDレコーダーは、起動しないし。
映らない29型ブラウン管テレビはただの場所ふさぎだし。
FAXは機嫌悪いと、プリントアウトしないし。
洗濯機は、爆発しそうな音出すし。
デスクトップパソコンは、いきなり勝手に再起動するし。
ノートパソコンは、盗まれたままだし。

これはもう踏んだり蹴ったりとか言ってられる領域ではないです。

次は何だ!?

|

« あきらかに、言い訳 | トップページ | いいのか? トニー・アルメイダ!! »