« よっ!こっ!はまっ!! | トップページ | 場合ではない »

2007年6月 1日 (金)

いびちゃぱにっく

今日は、いびちゃ・モンテネグロ戦だ。
が、オンタイムで見られないことが判明していたので、
録画だ。

DVDを立ち上げようとしたら、
またも立ち上がらない。
暑くなると、ご機嫌が斜めるのか?

「情報を読み込んでいます」
と、15分くらい、言い続けている。

明らかに、
「情報を読み込んでいます」
ではなくて、
「情報を読み込んでいるふりをしています」
だ。

私が、
「ホンを書いています」
と言いながら、
実は、
「ホンを書いているふりをしています」
と言うのと、まったく同じじゃねえか!!

DVDよ、気持ちはよく判るが、
それは、すげえ困る。
なんとかなれ。

あ。

そうか。

私が、

「実は、ホンを書いているふりをしています」

の時は、
関係者の皆さんは、

いーじまよ、気持ちは、全然判らないし、
それより何より、芝居の作りようがなくて、
めちゃめちゃ困るから、
とにかく、なんとかなれよ!!!!

と思っているのだなあ。

それは・・・
さぞかしお困りなことだろう。
お気持ちは痛いほど判る。
が、ただの言い訳だが、
私もその時は、困っている。
すげえ、困っている。
気持ちが痛い。

あ。

そうか。

DVDも困っているのか・・・・

DVD・・・・
つらいだろうに・・・

とか「情報を読み込むふりをしています」
のDVDに、共感している場合ではない。
いびちゃモンテネグロが録画できないのは、
許さねえ!!!!

もう、プラグを引き抜いて、
リセットだ!!

お、立ち上がったぞ!

誰か私のプラグを一回抜いてくれ。

DVDは無事立ち上がったが、
なんと、
HDDに容量が残ってない。
ちょとだけしか空きがない。
二時間は絶対無理だ。

どうする。どれか消すしかないか。

サッカーとか、サッカーとか、サッカーとか、サッカーとかが録画されている。
どれを消していいのか決断できない。
ていうか、どれも消せない。

どれも消せないぞおぉ~!!!!
ハードディスク、容量増えろおぉ~!!!!

増えないし。

あいにく、皿DVDもない。

VHSを接続して、
V録画しようかとまで思ったが、
肝心のVテープがない。

万事休す。

ま、いいや。
今日は休んで、いびちゃ・モンテネグロを見ることにします。

というわけにもいかないかな・・・・
と思って、
とりあえず、制作・すとーに電話する。

いーじま「いーじまですけど、すとーさんさんいますか????」
すとー 「すとーですが」
いーじま「すとーさん、ごめんなさい! とにかくごめんなさい!!!」
すとー 「なんなんですか!?」

制作・すとーは、
私が、

「ホンを書いています、と言ってましたが、
実は、ホンを書くふりをしていました」
と言うなら、
そんなことは知ってたから、
まあいいが、
「ホンを書いています、と言ってましたが、
ホンを書くのをやめますにします」
と言い出したら、
それは困る、
と思ったのか思わないのか知らないが、
不審そうな声だ。

いーじま「すとーさんは、今日は、モンテネグロ?」

何を言っているのだ、自分。

が、すとーは冷静だ。

すとー「私は、事務所にいますが」

いや、そうじゃなくて、

すとー 「どうしたんですか」
いーじま「いびちゃモンテネグロを録画しようとしたら、
      DVDの残りがなくて、二時間録れないんです!!
      消せるものはないです。
      皿もないです。
      だから、今日は一歩も家から出ません!!」
すとー 「落ち着いてください。
      私は、予約してきましたから、
      それを、DVDに落として渡しますから、それでいいですか?
      だから、ちゃんと行ってください」

・・・よかった。
これで、見られる。
一応、最長録画モードで、
自分のDVDにも予約してみる。
最後まで録れててくれ。頼む。

ようやく家を出られた。
偉いぞ、私。
自分で自分をほめてみる。
誰もほめてくれないからな。

で、何しに行くかというと、
ウェディング・シンガー」のオーディションなのでした。

別に私は、選考とかはしないので、
ほんとは、別に行かなくてもよくて、
いびちゃを見ててもいいんだけど、
オーディション用の曲に、
詞をつけたので、
実際、歌って頂いた時に、
それがどう聞こえるかを聞きに行きました。

台詞もそうですが、
書いてる時は、
「これはいい!」
と思っても、
役者さんの口に乗ったら、
全然、駄目な台詞なことがよくある。

まして、今回は、
ミュージカルなわけで、
私は、ミュージカルは、
うちでやった「なんちゃって、ミュージカル」しか、
やったことない。
それの歌詞つけた時も、
演出・鈴木に、

「これじゃ、歌った時に、
全然、内容が聞こえてこねえんだよ!!!
ミュージカルで、
歌詞が聞こえてこなかったら、
それは、ミュージカルじゃねえんだよ!!!
てめえの歌詞は、ただの雑音なんだよ!!!
歌にしろよ、歌に!!!!
ふざけんじゃねえぞ!!!」

と、さんざんに駄目だしというか、
怒鳴りだしされて、
台詞直しの10万倍くらい、歌詞を書き直した。

ぴーたーぱん演出家・鈴木に、
「歌になってねえ」
と駄目出しされたら、
返す言葉がない。

今回、「ウェディング・シンガー」の演出は、

東宝ミュージカルの帝王、
山田和也大先生様です。

もう、何本、ミュージカルやっておられるんだか、
数えられないです。
いっぱいやっておられます。

しかも、東宝さん製作ですから、

私、完全、アウェイです。

山田和也大先生、
鉄壁のホームです。

面と向かっては勿論、
陰でも、呼び捨てとかはいたしませんし、
愚痴も悪口も絶対に申しません。
何があっても逆らいません。
どこまでも山田先生についてまいります。

って言っても、
私は、
山田先生に逆らったことなどないです。
常に、山田先生の仰る通りにやらせて頂いてます。

前にどーゆーわけだか、
「山田さんと、仲悪いんですか?」
と訊かれたことがありますが、
全然、仲は悪くないです。

ていうか、
仲が悪いも何も、
人間関係自体があまりないです。
山田帝王様は、
下々な者の飯島のことは、
人間とはあまり思っておられないようなので、
関係性がほぼないです。

仕事するのには、何の問題もないです。
だって、私、帝王には逆らいませんし。
仰る通りにやってますし。

で、
つまり、なんの話だったかというと、

オーディションのための歌に、
歌詞つけたので、
それが、ちゃんと聞こえるのかどうか、
聞くのが今日の仕事です。

オーディションにいらしてくださった方も、
緊張なさったことでしょうが、
私も、めっちゃ緊張です。
最初の読み合わせの時と一緒で、
もう、吐きそうに緊張しますよ。

歌に聞こえなかったら、
その場で、
お詫びして、
腹は、かっさばかないけど、
「ごめんなさい。できません」
って言って、帰ろうかと思いました。

それはそれとして、

いや、まずね、
びっくりしたのが、
ピアノです。
歌って下さる皆さんのために、
勿論、ピアノを弾いてくださるんですが、
なんか、物凄いんですよ。

「ウェディング・シンガー」は、
1985年のニュージャージー(とマンハッタンとか)が舞台で、
80年代風のナンバーが多くて、
当時のロックとかポピュラーミュージック調で、
オーディションで歌って頂く曲も、
テンポ早いし、
ていうか、
本来はバンドがガンガンに演奏してるのを、
ピアノで弾いて下さる状態なので、
もう、ピアノもガンガンです。
一回弾いたら、腱鞘炎になりそうな感じです。

すげえ・・・

それを来てくださった方、全員歌う分弾くですよ。
指の骨、折れるんじゃないかと心配になったですよ。

そりゃ、まあ、
ロック・ミュージカルってのは存在するわけだから、
稽古ピアノで、
稽古中、一生、ガンガンに弾きまくってることも、
当然、ふつーにあるんだと思いますが、
私は、一人でびっくりしてました。
他の方々は誰もびっくりしてないけど。

ひとり素人状態・・・・

完全、アウェイ。

それから、
歌唱指導の北川先生が、
歌って下さる皆さんに、
指示出してる時に、

「歌詞は、こうなってるでしょ?
だから、こういう気持ちで、歌ってください」

とか仰ってるし。

当たり前です。
当たり前ですよ、それは。
当たり前すぎるくらい、当たり前です。

でも、やっぱ、歌詞が根拠になるんだあ・・・

そりゃ、台詞も同じことなんだから、
ミュージカルだから、
歌詞も、台詞なわけで、

・・・何を当たり前のこと今さら言ってるんだ、
ですけどね。

完全アウェイで、味方10人が退場になったゴールキーパーな気分。

しまいにゃ、ほんとに吐くぞ。

歌聞きにいったはずなのに、
緊張のあまり、全然聞こえてこねえ。
何のためにいるのだ、自分。

完全アウェイで、味方が10人退場になって、
ペナルティ・マークよりもすげえ手前の位置から、
敵11人にいっぺんに、11個のボールで、
同時にゴールに向かって蹴りこんで来られるGKな気分。

どんな気分て、
ひそかに大パニックな気分。

私がひそかに大パニックでも、
オーディションは、
何の問題もなく進んだわけで、
今日は、終わりました。
私は何もしてないですが、
皆様、お疲れ様でした。

終わったらしいので、
時間を見たら、
9時前です。

時間見た途端に、
いきなり、
いびちゃモンテネグロを思い出した。
たくましいな、自分。

今、駅まで行ったら、
ちょうど終わる頃だ。

道を歩いている人や電車乗ってる人で、
結果を知ってる人は、
ほとんどいないかとは思うが、
なかには、
携帯サイトで結果見たり、
ワンセグ携帯とか世の中に持ってる人ほんとにいるのかだけど、
見てる人いるかもしれないし、
オーロラビジョンだか何ビジョンだかに、
結果だけ出さないとも限らないし、
電車の中の小さい画面に、
いきなり
「速報!」とかで、
結果だしやがったりするかもなので、

迷惑なほどの大音量で音楽聴きながら、
文庫本から目を離さずに、
家までわき目もふらずに帰ってきました。

ニュース見たら、
結果言われそうなので、
とにかくまず、DVDをつける。
一応、録画はできている。
最後まで録画されているかは、
最後まで見てみないと判らない。
最後を確かめることはできない。
だって、結果がわかっちゃうから。

スリリングだ。

・・・・最後までみれた・・・・

ふう・・・

で?

今日はなんだったんだっけ?

とにかく、なんだか、完全アウェイだったんだっけ・・・・

|

« よっ!こっ!はまっ!! | トップページ | 場合ではない »