« 場当たりと通しだったみたいです | トップページ | 一日に、一個のことにしか気づけない馬鹿・・・ »

2007年10月17日 (水)

あけた

自分でも何をしたらいいのか、
全然判ってないまま、
劇場に入った。

私が言うのもなんですが、
演出という立場の人が、
稽古場や劇場に入る時に、
「何したらいいのか全然判ってない」
っていうのは、
全然駄目だと思います。
あっちゃならないと思います。

本日初日!の
ツーアウト」で、
飯島が「何やっていいんだか全然判ってません」状態で、
稽古場とか劇場とかに入っても、
現場が何とかなってるのは、
スタッフ&キャストが、
最高にプロで凄く仕事ができる素晴らしい人たちだから、
です。
私は、
「何やっていいんだか、さっぱりわかってねえ」状態だけど、
皆さんは、
「自分のすべきこと」をどんどんやってます。

偉いなあ・・・

「何やっていいんだか全然わからねえ」って人が、
それでも
「演出というものをどうしてもやってみたい」
という場合は、
「自分が何やったらいいんだか、すべて判っている」
という、
素晴らしい仕事をするプロフェッショナルに、
すべて丸投げ・・・じゃなくて、
お願い申し上げるのが、一番です。
それだけは、間違ってなかったです。
ていうか、それさえしておけば、
何とかなるんじゃないかなと思います。

いや、まあ、
そのうえに、
演出が、
ちゃんと演出やったら、
もっといい芝居になるんだろーな、
ってことは、ぼんやりとですが、
勿論判ってます。
できるなら、やります。
できることなら、やりたいです。
でも、できないことはできません。
できることしかできません。

・・・当たり前だ・・・あまりにも当たり前だ・・・

で、
本日は、
ゲネプロと初日の、
スタッフ&キャスト的には、
ダブルヘッダーです。

もう、ここまできたら、
どっちにしても、
私にできることは何もないです。
何もないってことにしておこう。
本当は、よく考えたらあるかもしれないけど。
よく考えないようにしよっと。

ゲネプロは、けっこううまくいきました。

あんなことや、
こんなことや、
馬鹿のような仕掛けも、

「やった! 成功だ!!」

でした。

出演者も、昨日の通しより、
全然面白かったと私は思いました。

「やったじゃん!!」

ゲネプロ後、
本番前の、
駄目出しのようなことを、
してるようなふりをする時間、
に、
私が言ったことは、

「このまんまか、
せっかく本番初日なんだから、
これ以上でやってください」

でした。

出演者の皆様は、

「・・・・・これ以上って・・・どうやって?
・・・・・だから、そのどうやって?
を、指示してくれるのが、
演出じゃないのか・・・・・?
まあ、飯島には、何も期待してないけど・・・」

という顔をしていました。

「えーとね・・・・
じゃ、
とにかく、調子にのってやってください。
以上です」

それだけかよ!!

どうやって調子に乗ったらいいんだよ!!

それを教えろ!!!!!

と、
出演者の皆さんは、
心の中で罵倒していましたが、

私にも判らない。
判らないものは、答えられない。

あとはよろしく。

以上。

で、初日受付開始態勢になっちゃいましたよ。

この時間になると、
やることがないどころか、
いるとこがないです。

THEATER/TOPSの場合は、
調光室の前の、
階段に座ってます。
そこ以外に、いるところはないからです。

18時過ぎました。

わあ、お客様が来てくださっているみたいだ。

・・・・よかった・・・・

もう、それだけでいいです。
満員とかじゃなくて全然いいです。
お一人でも来てくださればそれでいいです。

でも、なるべく多くのお客様が、
来てくださった方が、
勿論いいので、
10月28日まで、
上演しておりますので、
新宿近辺に近づいた方は、
「もうこれは運命だから、しょうがない」
と思って、
TOPSにいらしてください。
お願いします。
助けると思っていらしてください!!

19時開演です。

・・・・おお、M1が流れている。
芝居が始まるぞ。
もう、完全に私がすることもできることもないです。
ほんとにほんとに、
あとは皆さん、よろしく、です。

じゃ、私は、19時半からは、
日本・エジプト戦を見ますので、
本番で何が起こっても、
知りようがありません。
知ってても何もできないし。

だが、ここで誤算が・・・

芝居は、19時から始まって、
1時間50分で、完全に終わりますが、
日本・エジプト戦は、
19時半キックオフなので、
試合が終わる前に、
芝居が終わってしまいます。
試合結果がわからないまま、
劇場に戻らなくては・・・
どうなったんだ・・・日本エジプト戦の結果は・・・

芝居は、
大変なアクシデントとかはなく、
無事終わったようです。
予想以上に、たくさんのお客様が、
いらしてくださいました。
本当にありがとうございます。
まだまだ、上演しておりますので、
二回でも三回でも、
毎日でもいらしてください。
心からお願い申し上げます。

声の出演だというのに、
芝居では、
ほとんどずーっと出演してるのと同じ状態の、
「審判」役をやってくださった、
アクションクラブ田尻さんと、
役者さんじゃないのに、
「キャッチャー山田」役を、
なりゆきでやることになっちゃった、
デザイナー鳥井さんも、
観に来てくださいました。
完全に、出演者のお二人、
出演の上に、芝居観てくださって、
ありがとうございました。

「デッドボールに当たる人」と、
「ボールを投げ入れてしまって謝る人」役の、
矢崎さんと、
「ショート鬼首と、喧嘩するサード高崎山」役の、
加藤さんも、
ありがとうございました。

ふう・・・やっと初日あけた・・・

・・・飯島は、息も絶え絶え状態だけど。
芝居は、調子いいから、まあいいか。

これから、
どんどん面白くなるっていうか、
私以外の、
スタッフ&キャストの皆さんが、
どんどん面白くしてくれることは、
確実なので、
ほんと、どうか、観に来てやってください。

あけた・・・

とにかく、あけた・・・

・・・あとはよろしく・・・

拝みますから、
あとは、よろしく・・・

いや、ずーっと、あとはよろしく、
なんですけどね。
飯島は。

心の底から、皆様、どうかよろしくお願いします。
結局、お願いしかしてないじゃん・・・

|

« 場当たりと通しだったみたいです | トップページ | 一日に、一個のことにしか気づけない馬鹿・・・ »